ボルダリング上級者への道

クライミング初心者の筆者HIROが上級者を目指すブログ。

© ボルダリング上級者への道 All rights reserved.

左足腓骨(ひこつ)骨折から1カ月半 ~リハビリを終えクライミング復帰へ~

リハビリも終え、本格的に復帰へ

  左足腓骨(ひこつ)骨折から1カ月半、2週間の可動域訓練・歩行訓練・軽度なクライミングの三点セットで行ったリハビリも終え、11月1日に両足にクライミングシューズを履いてのクライミングを慣行することとになりました。医師からは本格的なクライミングは11月中旬からと助言されたので、11月中旬に外岩の予定を入れ、それまではカンを取り戻すためにクライミングジムでのトレーニングに集中することにします。ここまで早期復帰できたのはおそらくサプリメント効果が強いと思います。

 

骨折直後のレントゲン拡大図(2016.09.15)

s__29466685

骨折から2週間後のレントゲン拡大図

s__29466685

骨折から1カ月後のレントゲン拡大図

s__30146563 

骨折から1カ月半後のレントゲン拡大図

s__1703939

 拡大してみると骨折当初は開放骨折(繋がっている部分が無い状態)の一歩手前だったのが、今回の検診ではヒビは消え、大きく断裂していた部分も癒着しており、後は骨密度を増していくだけのようです。徐々に良くなってはいるものの、完全に見えなくなるまではカナリ時間がかかりそうです。

 

久しぶりの両足クライミング

 11月1日、久しぶりの両足クライミング。体の使い方やムーブが片足でのクライミングに慣れていたため、なかなか感覚を取り戻せず、本日の最高グレードは4級に終わりました。まだヒールフックからの乗り込みなど、足首への負担が強いムーブでは痛みが出ますが、通常のダイアゴナルは問題なくできました。足首の可動域の終端付近では痛みが出るようなので、可動域トレーニングは今後も続行していかなければなりません。しかし、上半身の力は自宅トレーニングのお陰でほとんど鈍っておらず、後は痛みさえなくなればとりあえず3級を完登できるようになり、従来からの目標である1級・2級を目指したいと思います。

 

今までの経過まとめはコチラ:骨折してしまった!早く治す方法まとめ ~目指せ早期クライミング復帰~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20194/18

1年間のロングレストを経て、2019年4月よりジム復帰しました!

 2018年3月、肩の故障を患い、長期レストを断行して約一年。2019年4月より本格的に再始動いたしました。ご心配をお掛けして誠に申し訳ござ…

20182/21

御岳ボルダリング 4回目

2018年2月21日(水)。平日の休みが取れたので、初めての平日御岳ボルダリングを敢行しました。さすが平日。AM9:30という若干寝坊気味な…

20182/10

御岳ボルダリング 3回目 とにかくチャートに慣れるべし!

 2018年2月10日(土)。不意に午前中時間が空いたので急遽御岳ソロボルダリングへ。一人なので、アプローチルートを覚えるのを兼ねて山梨県か…

20182/4

御岳ボルダリング 二回目

 2018年2月4日。人生二度目となる御岳。前回はチャートの洗礼を受け、思うようなクライミングにはなりませんでした。とにかくチャートに慣れる…

20181/28

初御岳!! チャートの洗礼を真正面から受ける(泣)

 2018年1月28日、筆者の人生初となる御岳に行ってまいりました。チャートを触るのも初で、クライミングシューズの選定にも迷いに迷いました。…

ページ上部へ戻る