ボルダリング上級者への道

クライミング初心者の筆者HIROが上級者を目指すブログ。

© ボルダリング上級者への道 All rights reserved.

20172/9

山梨県北杜市 白州ボルダー(神宮川)エリア トポ

 山梨県北西部、北杜市に位置する「白州ボルダー」を紹介します。主な岩は「八間岩」「アイガー」「上の岩」「下の岩」などなど。新しく開拓された岩もあり、情報を仕入れ次第順次アップしていく予定です。7級~2段まで幅広く課題が存在するので初級者でも安心してトライすることができます。段以上の課題が少ないため、上級者にとってはあまり楽しめないかもしれませんが、初級者にとっては若干敷居が高く、中級者にとってはかなり楽しめる岩場だと思います。また、車でのアプローチが非常にラクなので、家族連れでのクライミングもお勧めです。

 この地の開拓者はかの有名な室井登喜男氏。低級課題から素晴らしいものばかりで、グレード感もど真ん中な素晴らしい課題だらけです。立地的に小川山や瑞牆山が近くということもあり、あまり人気のエリアとは言いづらいですが、そのおかげでゆっくりと外岩を楽しめる穴場スポット。最近ではお隣りに「白州尾白川ボルダリングエリア」も公開され、ますます影が薄くなりました。室井氏のオリジナルトポが手に入らないので当ブログに掲載されている課題は少しずつ情報収集したものであり、オリジナルとは若干誤差があると思いますので、間違い等ございましたらご指摘いただけると幸いです。

 

白州ボルダーACCESS

 国道20号から「白州体育館」横の小道に入り、約10分で到着します。途中、大きめの広域農道と交差するのでご注意ください。12月~3月位は雪が溶けておらず、それでも工事関係車両の出入りがあるため、岩場に近づくにつれアイスバーンとなっている場合があるので、シーズンオフのアプローチはスタッドレスタイヤ必須です。途中数か所車の止められるような大きめのエスケープゾーンがあるので、車を止めて徒歩でのアプローチでもOKです。「じんぐうがわにしのはし」を渡り、下の写真の交差点で左に曲がると「八間岩」に到着です。エリアには無理をすれば車4,5台は駐車できそうな開けた場所があります。


ここを左へ

ここを左へ(真っ直ぐ行くと「上の岩」「アイガー」)

駐車エリア

駐車エリア(奥に見えているのが八間岩)



 

主な岩紹介

「八間岩」

 白州ボルダーのメインとなる岩で「スラブ面」「うすかぶり」と多彩な顔を見せてくれる岩。スラブ面は幅広く、約6つの課題が並びます。比較的低級課題にも名前が付いており、低級課題といえどクオリティは高く面白い課題ばかりです。中でも③「アラスカ」1級は上部のマントリングが傾斜になっており、難易度が高いです。⑤「無名」1級はスタートのスタンスが磨きこまれており、かなり抜けやすくなっています。1級課題二本はホールドというホールドがないTHEスラブ課題。筆者にとってはただただ恐ろしい課題でしかありません。


八間岩スラブ

八間岩スラブ面



  • ①「南極」 6級 
  • ②「パタゴニア」 4級
  • ②「パタゴニア」 3級 ※タナ無し
  • ③「アラスカ」 1級  ※左タナ無し
  • ③「アラスカ」 2級 ※左タナ有
  • ④「ヒマラヤ」 4級
  • ⑤「無名」 1級/初段
  • ⑥「喜望峰」 7級

八間岩メイン

八間岩メインボルダー



追加課題情報

  • 「秋天」スタートの更に下のダイクから「沢」に繋げる「大河の一滴」トラバース(初段)あり
  • 「秋天」スタートから「ダイヤ」に繋げるトラバース(グレード不明・1/2級程度か)あり。
  • 「無題」 1級(うすかぶり面中央の黒くなっている部分)
  • 「ダンス白州」 三段
  • 「八間岩カンテ」 二段
  • 「無題」 初段
  • 「白州バーニング」 初段
  • 「無題」 二段 (白州バーニング、スタートから直上)

 

「上の岩」

課題が「いぶし銀」2級のみですが、岩の側面は10級程度のラインが引けそう。「八間岩」側に曲がらずに真っすぐ進むとすぐに道沿いにあります。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白州神宮川ボルダー「上の岩」



  • 「いぶし銀」 2級

 

「下の岩」

 「八間岩」への林道沿いにある下の岩。これが本当に「下の岩」かどうかは現在確認中。ご存じの方、情報提供お待ちしております。リングボルトが下部に4か所打ってあります。

下の岩は八間岩目の前の岩だそうです。6級ラインが引かれていますが・・・。

 

「アイガー」

 「上の岩」を通過し、さらに林道を進むとゲートが見えてきます。ゲート周辺に車を止めて、ゲートを超えて徒歩約5分で「アイガー」に到着します。林道沿い右側(川側)にあるのですぐにわかります。ゲートから先はところどころ崩落しており大変危険です。また、冬期は林道が凍結しており、あまり日が当らないので3月中旬くらいまではスパイクシューズでアプローチに臨まなければ危険だと思われます。


DSC_0035

白州ボルダー「アイガー」



  • 「白州ドリームタイム」 初段
  • 「無題」 2級  ※白州ドリームタイムの後半直上ライン
  • 「白州ナイトメア」 三段

ちなみに神宮川は非常に美しいので、沢遊びもお勧めです!写真は「じんぐうがわにしのはし」上からの撮影。川の水の透明度が素晴らしい!

DSC_0425

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

20194/18

1年間のロングレストを経て、2019年4月よりジム復帰しました!

 2018年3月、肩の故障を患い、長期レストを断行して約一年。2019年4月より本格的に再始動いたしました。ご心配をお掛けして誠に申し訳ござ…

20182/21

御岳ボルダリング 4回目

2018年2月21日(水)。平日の休みが取れたので、初めての平日御岳ボルダリングを敢行しました。さすが平日。AM9:30という若干寝坊気味な…

20182/10

御岳ボルダリング 3回目 とにかくチャートに慣れるべし!

 2018年2月10日(土)。不意に午前中時間が空いたので急遽御岳ソロボルダリングへ。一人なので、アプローチルートを覚えるのを兼ねて山梨県か…

20182/4

御岳ボルダリング 二回目

 2018年2月4日。人生二度目となる御岳。前回はチャートの洗礼を受け、思うようなクライミングにはなりませんでした。とにかくチャートに慣れる…

20181/28

初御岳!! チャートの洗礼を真正面から受ける(泣)

 2018年1月28日、筆者の人生初となる御岳に行ってまいりました。チャートを触るのも初で、クライミングシューズの選定にも迷いに迷いました。…

ページ上部へ戻る