ボルダリング上級者への道

クライミング初心者の筆者HIROが上級者を目指すブログ。

© ボルダリング上級者への道 All rights reserved.

20172/25

外岩攻略 八間岩「秋天」1級 白州ボルダー神宮川エリア

八間岩「秋天」1級攻略

岩名:八間岩

課題名:秋天(左カンテガバ使用不可)

グレード:1級

※左カンテガバを使用すると「遠雷」3級になります。

秋天1級

 山梨県北杜市に位置する白州ボルダー(トポはコチラ)。その看板岩である「八間岩」の「秋天」1級。他では味わえないようなバランシーなマントリングが特徴的な名課題。うすかぶりからドスラブに移行するという一見花崗岩ではよく目にする課題ではあるものの、見た目の簡単さからは想像もつかないような独特のムーブを繰り出さなければ身動きすらできなくなるコワーイ課題。うすかぶりのクライミングやってます感から、ドスラブのいつ落ちてもおかしくない恐怖感を一気に味わうことができます。

 ちなみにこの課題の左側のカンテのガバを使用すると「遠雷」3級となりますのでご注意ください。

 

ムーブ例を動画で確認

 まずは動画で見てみましょう。筆者のムーブはその場で対応したワチャワチャムーブなので参考程度に。


 ウマイクライマーの動画はこちら。ウム、自然ですね。


 

 

ムーブ解剖

「秋天」1級攻略

  1. スタートから初手②スローパーまでは複数のムーブが存在します。一つ目はリーチ短い人用の「ランジ」バージョン。スタートから※2に左手を送り、スタートスタンスに左足、右足を高い位置にスメアリング。一気に左手を②スローパーに送ります。リーチの長い人はスタートスタンスに左足が残るためデッドになります。二つ目※3に左足ヒールフックでかきこみながらスタティックに②スローパーをとるパターン。意外にヒールフックが抜けやすいので苦手な人はデッドかランジで。
  2. ※3に左足を乗せ、右足をアウトサイドフラッギングで右手を③薄カチに送る。左足がかなり良いタナになっているので、右足は切ったままでも良さそう。
  3. ここが核心!右足を※2の棚に上げ、左足をスメアリングしながら徐々に体を上げ、スラブ面に張り付くような姿勢になる。この時、右足も左足も※2に乗せ、僅かに左右への体重移動をすることで手のひらを返しやすくする。③の薄カチを体を上げる前から親指で保持すると手のひらを返しやすい。基本的に右手から手のひらを返したほうがよいが、筆者は左手から返しました。その場合、かなりバランスが悪いのでバクチ的なムーブになってしまう。右手を返したら左手も手のひらを返し徐々に体を引き上げる。このとき、次に左足を送るため、スローパーのできるだけ外側に手のひらを置くようにします。
  4. ③薄カチの直下に※1のスタンスが存在するので右足をそこにあげる。かかってしまえばガチ効きです。④薄カチに右手をのばし、②スローパーに手に足で左足を上げる。
  5. 上部の⑤ガバをとれば終了。

 

筆者のトライ履歴

  • 2017年2月8日 マントリング撃沈
  • 2017年2月24日 完登

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

20194/18

1年間のロングレストを経て、2019年4月よりジム復帰しました!

 2018年3月、肩の故障を患い、長期レストを断行して約一年。2019年4月より本格的に再始動いたしました。ご心配をお掛けして誠に申し訳ござ…

20182/21

御岳ボルダリング 4回目

2018年2月21日(水)。平日の休みが取れたので、初めての平日御岳ボルダリングを敢行しました。さすが平日。AM9:30という若干寝坊気味な…

20182/10

御岳ボルダリング 3回目 とにかくチャートに慣れるべし!

 2018年2月10日(土)。不意に午前中時間が空いたので急遽御岳ソロボルダリングへ。一人なので、アプローチルートを覚えるのを兼ねて山梨県か…

20182/4

御岳ボルダリング 二回目

 2018年2月4日。人生二度目となる御岳。前回はチャートの洗礼を受け、思うようなクライミングにはなりませんでした。とにかくチャートに慣れる…

20181/28

初御岳!! チャートの洗礼を真正面から受ける(泣)

 2018年1月28日、筆者の人生初となる御岳に行ってまいりました。チャートを触るのも初で、クライミングシューズの選定にも迷いに迷いました。…

ページ上部へ戻る