ボルダリング上級者への道

クライミング初心者の筆者HIROが上級者を目指すブログ。

© ボルダリング上級者への道 All rights reserved.

La Sportiva クライミングソックス あなたは素足派?靴下派?

素足か靴下か 

 クライミングシューズ着用のときにクライマー間で気持ちよく別れるのが”素足派”と”ソックス着用派”。その中間に存在する”ビニール着用派”。普段、靴を履くとき”素足派”なんて「石田純一」くらいですが、クライミングシューズとなると結構な割合で”素足派”は存在します。なぜ素足が良いか。もちろんそれは”足裏感覚”のためです。市販の靴下はわりと分厚く、靴下を履いてクライミングシューズを履くと足裏感覚を損ないます。たとえばスラブでゴミみたいなホールドを踏んでいくとき、自分がどのような状態でそのゴミホールドをとらえているか、それを足の指先で感じ取れるかどうかという感覚ですね。これを感じ取れなければ、自信を持って体重を預けることができないでしょう。

 靴下を履くとどうしてもクライミングシューズと自分の素足との間にワンクッション入ってしまうので、足裏感覚を重んじる方はどうしても”素足派”になってしまいます。素足のデメリットと言えばもちろん”臭い”。やはり、スポーツなのでどうしても汗をかいてしまいます。しかも、恐怖と対峙した時、足裏にかく汗はハンパではありません。クライミングシューズ用の専用デオドラントも市販されてはいるものの、それだけではどうしても力不足なのです。

 そこで登場するのが”ビニール派”。クライミングシューズとの距離はビニール一枚なので、ほとんど素足と一緒です。クライミングシューズの脱着の際も驚くほどスムーズに脱着できます。クライミング中も素足とほとんど変わらない感覚で、足裏感覚もほとんど損ないません。しかし、快適にクライミングできるのは最初の数分で、自分の汗で急激にムレてしまい、カナリの不快感に襲われます。快適にクライミングを継続するには頻繁にビニールを交換しなければなりません。

 一方、靴下を履いてのクライミングでのメリットは比較的快適にクライミングを続けることができることの1点のみです。靴下を履けば、足裏感覚は確実に損なわれ、繊細なフットワークに多少なりともマイナス要素をもたらしてしまうのです。でも、素足はチョット・・・という方、これを一度試してみてください。

 

La sportiva CLIMBING SOCKS

71yzhvggkil-_sl1024_

 クライミングギアメーカーのスポルティバがリリースするクライミング専用ソックス。1,400円と靴下にしては若干高価ではありますが、生地が薄くキメが細かいため、足裏感覚の喪失を極力和らげることができます。足の甲の部分は他の部分と違う生地を採用しており、クライミングシューズの脱着の際、まるでビニールを履いてクライミングシューズを履いた時のようにスムーズに履くことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LA SPORTIVA CLIMBING SOCKS

 クライミング中も、市販の靴下よりも確実に踏んでいるホールドの感覚が伝わってきます。筆者の履いていた靴下が厚すぎたというのも原因の一つだとは思いますが(笑)。市販の靴下を履いてクライミングシューズを履くと指が痛い方も一度試されてはいかがでしょうか?筆者の場合、ミウラを履くといつも足の中指あたりが痛く、長く履いていられなかったのですが、このソックスを履くと若干履いていられる時間が長くなったように感じました。単純にソックスの厚みが薄くなり、サイズが緩くなったというだけなのですが。

 しかし、このソックス、若干の不具合があります。一度クライミングしただけで結構ほつれてしまうのです。写真でみると分かりづらいのですが、”LA”の部分がほつれているのがお分かりいただけますか?こういったほつれが黄色と黒の部分の境界線に多くみられ、2,3回使用するとかたり痛ましい姿になってしまいます(涙)耐久性が低すぎますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

買ったばっかりなのに。。。

 

 

NIKE ELITE LIGHTWEIGHT

 LA SPORTIVA CLIMBING SOCKSはデザイン的にも機能性的にも優秀なソックスなだけに、かなり残念な耐久性。トータルバランスで秀逸なのがこの「NIKE ELITE」シリーズ。元々はランニング・ジョギング専用のソックスですが、クライミングでもかなりのポテンシャルを持ったソックスだと思っています。お値段は「スポーツデポ」などのスポーツ量販店で1,296円と、スポルティバのソックスとほとんど変わりませんが、耐久性はかなり良好です。耐久性以外はスポルティバなどの専用品には及びませんが、普通の靴下よりはかなり馴染みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NIKE ELITE LIGHT WEIGHT

 

まとめ

 足裏感覚を重視するという観点でみると、素足が一番なのは疑いようのない事実ではあります。しかし、より快適にクライミングに専念できる環境づくりに重点を置けば、必然的に性能の良いソックスに目が向いてくると思います。しかし現在クライミング専用で販売されているソックスは耐久性に難があるので、ランニング用に開発された軽量・薄手のソックスを履いてみるのも選択肢の一つとしてアリかなと思っています。筆者も最終的にNIKE ELITEを愛用しています。ちなみにスポルティバの履き心地はゆるぎないので、ここぞという時の勝負パンツ改め勝負靴下として温存しています(笑)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20194/18

1年間のロングレストを経て、2019年4月よりジム復帰しました!

 2018年3月、肩の故障を患い、長期レストを断行して約一年。2019年4月より本格的に再始動いたしました。ご心配をお掛けして誠に申し訳ござ…

20182/21

御岳ボルダリング 4回目

2018年2月21日(水)。平日の休みが取れたので、初めての平日御岳ボルダリングを敢行しました。さすが平日。AM9:30という若干寝坊気味な…

20182/10

御岳ボルダリング 3回目 とにかくチャートに慣れるべし!

 2018年2月10日(土)。不意に午前中時間が空いたので急遽御岳ソロボルダリングへ。一人なので、アプローチルートを覚えるのを兼ねて山梨県か…

20182/4

御岳ボルダリング 二回目

 2018年2月4日。人生二度目となる御岳。前回はチャートの洗礼を受け、思うようなクライミングにはなりませんでした。とにかくチャートに慣れる…

20181/28

初御岳!! チャートの洗礼を真正面から受ける(泣)

 2018年1月28日、筆者の人生初となる御岳に行ってまいりました。チャートを触るのも初で、クライミングシューズの選定にも迷いに迷いました。…

ページ上部へ戻る