ボルダリング上級者への道

クライミング初心者の筆者HIROが上級者を目指すブログ。

© ボルダリング上級者への道 All rights reserved.

クラッシュパッド選びのススメ ~お手頃クラッシュパッド~

外岩では必須アイテムとなる”クラッシュパッド”。前回は各メーカーのフラッグシップモデルを掲載しましたが、なんとも高額すぎて手が出ません(笑)今回は中級モデルをピックアップし、コストパフォーマンスと安全性を両立した最も私たちクライマーのニーズにマッチした一枚をご紹介させていただきます。筆者もこの価格帯のものから選びました!

 

 

mountain dax ゴレイロダブルⅡ CG-432

Amazonで「ボルダリング マット」と検索すると上位に出てくるのがこのマット。こんなに安いのに意外に日本製なんですね。気になって調べてみるとレビューも意外に高評価。スペックを見ても中々良いのではないでしょうか。このクラスのマットにしては安すぎるのでそこだけ多少不安ですね。。。重量も3.7kgとかなり軽くクラス最軽量。サブマットにするなら価格も性能も文句なし!?

gleiro_double_2_01

  • 展開時サイズ:120×90×10cm(横×縦×厚さ)
  • 折畳時サイズ:60×90×20cm(横×縦×厚さ)
  • カラー: オリーブ×グレー
  • 重 量: 約3,7kg
  • 参考価格(定価):23,760円
  • 最安価格(店舗):19,700円(Amazon)
  • メーカーサイト:アルパインパック mountain dax

 

ClimbX(クライムX) トリプルエックスパッド

米国製のクラッシュパッドで、価格の割に12.5cmの厚さを誇る安全性の高いマット。その代り重量は若干重めの6.8kg。国内での取り扱いがほとんどなく、Amazonでラインナップされているものの「現在お取り扱いできません」か「入荷待ち」が多くなっています。しかもダブルエックスパッドをトリプルエックスパッドとしてあったりでなかなか確実性が低そうです。以下の商品がトリプルエックスパッドとしてありました。トリプルエックスパッドは三つ折りタイプなのに写真は二つ折りタイプなので「?」でいっぱい。しかしサイズの展開時と折畳時を比較するとしっかり三つ折りのサイズですね(笑)三つ折りタイプでこの厚さ、この価格。一人で外岩攻めるなら是非とも欲しい一枚。

61dtdufbO7L._SL1500_61hCuTG1VbL._SL1500_

  • 原産国:米国
  • 展開時サイズ:約183×112×12.5cm
  • 折畳時サイズ:約60×112×38cm
  • カラー:ブラック・レッド・オリーブ・ブルー
  • 重 量:約6,8kg
  • 参考価格(定価):37,800円
  • 最安価格(店舗):35,855円(Amazon)
  • メーカーサイト:climb X Gear

 

BLACK DIAMOND(ブラックダイヤモンド) ドロップゾーン

筆者一押しのメーカー「ブラックダイアモンド」がリリースする中級ボルダリングマット。カラーリングによって製品名がわかるという斬新なラインナップ。現行ドロップゾーンはウルトラブルーの1色のみ。筆者はオークションでドロップゾーンの旧バージョンを購入しました。ほんとは現行バージョンが欲しかったのですが。。。厚みが若干物足りないですが、小物入れが付いていたりちょっとした工夫が凝らしてあります。

550807_dropzone_flat_web

  • 展開時サイズ:約104×122×9.0cm
  • 折畳時サイズ:約52×122×18.0cm
  • カラー:ブルー
  • 重 量:約4,75kg
  • 参考価格(定価):38,880円
  • 最安価格(店舗):38,880円(EDGE AND SOFA)
  • メーカーサイト:BlackDiamond DROP ZONE CRASH PAD

 

MAD ROCK(マッドロック)  Mad Pad

アメリカに本拠地のある新鋭ブランドMADROCKがリリースする厚みと軽さが武器のクラッシュパッド。比較的歴史の浅いブランドではあるが、最新の技術を用いて斬新なシューズを開発し、若い世代のクライマーに絶大な支持をうけている(らしい)。Amazonでの評価も高く、やはり厚みと軽さが最大の評価ポイント。そしてマット同士をマジックテープで連結することが可能で、マットの境目に着地して足を負傷するリスクを最大限に低減させることができるすぐれもの。

 

418GArgcFqL

 

 

  • 展開時サイズ:約120×90×12cm
  • 折畳時サイズ:約60×90×24cm
  • カラー:ブルー・レッド・ブラック(本国ではその他のカラー有)
  • 重 量:約2.7kg
  • 参考価格(定価): – 円
  • 最安価格(店舗):27,000円(EDGE AND SOFA)
  • メーカーサイト:MadRock / Products

 

MOON (ムーン)Warrior Crash Pad (ウォリアークラッシュパッド)

イギリスのBen Moon氏が世界に誇るブランド「MOON」。このクラッシュパッドも斬新なデザインで、ショルダーベルトがランディング部分に来ます。そのため、足拭きマットでショルダーベルトを覆うようなデザインになっています。このパッド使ってみるとその良さに気付いてしまうんですよね。ランディング面が凸になるため、着地の衝撃がかなり緩和します。しかもマット自体もずれにくくなるため、手直しの手間も緩和されます。筆者もホントはこれが欲しかった。。。次の一枚は冬のボーナスでコイツを買ってやります(笑)

 

imgrc0066422006

 

  • 展開時サイズ:約130×100×12cm
  • 折畳時サイズ:約70×100×24cm
  • カラー:ブラック・ブルー・グリーン・レッド
  • 重 量:約5.75kg
  • 参考価格(定価): – 円
  • 最安価格(店舗):36,720円(楽天・税込)
  • メーカーサイト:MOON Climbing

 

GRIVEL(グリベル)MAGIC MOUNTAIN (マジックマウンテン)

1818年創業の歴史あるクライミングメーカー「GRIVEL」。GRIVELのリリースするクラッシュパッドがマジックマウンテン。安くもないが高くもなく、そして岩場であまり見かけないマット。国内で販売しているのはこのマットしか見たことがありません。持っていると視線釘づけかも(笑)少なくとも筆者は食いつきます(笑)

gv-zacrash

 

  • 展開時サイズ:約125×90×10cm
  • 折畳時サイズ:約63×90×20cm
  • カラー:イエロー・ブラック
  • 重 量:約3.5kg
  • 参考価格(定価): – 円
  • 最安価格(店舗):32,400円(EDGE AND SOFA)
  • メーカーサイト:GRIVEL

 

 

 

 

第一回:クラッシュパッド選びのススメ ~フラッグシップモデルを吟味する~

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 03日

20194/18

1年間のロングレストを経て、2019年4月よりジム復帰しました!

 2018年3月、肩の故障を患い、長期レストを断行して約一年。2019年4月より本格的に再始動いたしました。ご心配をお掛けして誠に申し訳ござ…

20182/21

御岳ボルダリング 4回目

2018年2月21日(水)。平日の休みが取れたので、初めての平日御岳ボルダリングを敢行しました。さすが平日。AM9:30という若干寝坊気味な…

20182/10

御岳ボルダリング 3回目 とにかくチャートに慣れるべし!

 2018年2月10日(土)。不意に午前中時間が空いたので急遽御岳ソロボルダリングへ。一人なので、アプローチルートを覚えるのを兼ねて山梨県か…

20182/4

御岳ボルダリング 二回目

 2018年2月4日。人生二度目となる御岳。前回はチャートの洗礼を受け、思うようなクライミングにはなりませんでした。とにかくチャートに慣れる…

20181/28

初御岳!! チャートの洗礼を真正面から受ける(泣)

 2018年1月28日、筆者の人生初となる御岳に行ってまいりました。チャートを触るのも初で、クライミングシューズの選定にも迷いに迷いました。…

ページ上部へ戻る