ボルダリング上級者への道

クライミング初心者の筆者HIROが上級者を目指すブログ。

© ボルダリング上級者への道 All rights reserved.

20168/24

外岩攻略 倶利伽羅「竜王」1級SD 瑞牆山・二ノ谷エリア

「竜王」ランジ 1級SD攻略

岩名:[具利伽羅]

課題名:「竜王」ランジ

グレード:1級SD

スタートホールドは元々は右手ガバだったのらしいですが、欠損してしまったらしく現在の左手アンダー・右手カチスタートとなってほぼスタート核心な課題。欠損してスタート難易度が上がってしまったのにグレードは1級SDで据え置きというお買い得感ゼロで、ほとんどの人がちょっと触って「やめときますか(笑)」となっちゃうそうです。

 

まずは正解ムーブ


我らがM氏の正解ムーブ。この時筆者はカメラの横で待機してました(笑)

いやースンバらしい。立ち上がるだけでもすごい課題なんですよ、コレ。

 

 

ムーブ解剖編

ryuuou

①スタートのフットホールドは手前に突き出ており、最下部に足のかかるわずかな段差があるので、両足のインサイドエッジで蹲踞(そんきょ)っぽく挟み込んで立ち上がります。少しだけ重心を左に寄せておくと立ち上がりやすくなります。右手のカチは若干サイド気味のアンダーなので右手をメインに力をかけます。左手カチアンダーはお尻が浮かないと効かないので体が剥がれないように引き付けておきます。

②デッドポイント気味にカンテをとります。カンテが取れたら右足をスタートフットホールドの若干上にかかるところがあるのでそこに上げて左足でトゥフック気味のスメアリングで体を安定させます。

③ランジで右のリップを取り、左足を右側のクラックに乗せ、右足でスメアリングして左手をそーっと送ります。ここでできる人はそのまま④のガバに送ってもよいのですが、一度両手でリップにマッチして左手をガバに送ったほうが安定します。

④ガバを取ったらマントリング。上の傾斜が急なのでなかなかマントリングしにくいですが、右足をヒールフックからのトゥに切り替えるとやりやすかったです。ヒールフックだけでは抜ける確率が高かったので、とりあえず左手を返すまではヒールをかけておいて、左手を返した後にヒールからトゥに切り替えます。左足でのスメアリングも忘れずにしましょう!

 

 

筆者のトライ履歴

2016年8月14日 ③リップをランジ前後はクリア。繋げてみてどうかというところ。

 

 

 

「竜王」総括

とにかくスタートからの立ち上がりがツライ課題。初手のカンテをとれたとしてもランジ体勢に移行するのも右足が滑りやすく飛ぶ瞬間に滑るのでなかなかつながりませんでした。次回のトライでは数本でクリアしなければ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 29日
  2. 2016年 11月 25日

20194/18

1年間のロングレストを経て、2019年4月よりジム復帰しました!

 2018年3月、肩の故障を患い、長期レストを断行して約一年。2019年4月より本格的に再始動いたしました。ご心配をお掛けして誠に申し訳ござ…

20182/21

御岳ボルダリング 4回目

2018年2月21日(水)。平日の休みが取れたので、初めての平日御岳ボルダリングを敢行しました。さすが平日。AM9:30という若干寝坊気味な…

20182/10

御岳ボルダリング 3回目 とにかくチャートに慣れるべし!

 2018年2月10日(土)。不意に午前中時間が空いたので急遽御岳ソロボルダリングへ。一人なので、アプローチルートを覚えるのを兼ねて山梨県か…

20182/4

御岳ボルダリング 二回目

 2018年2月4日。人生二度目となる御岳。前回はチャートの洗礼を受け、思うようなクライミングにはなりませんでした。とにかくチャートに慣れる…

20181/28

初御岳!! チャートの洗礼を真正面から受ける(泣)

 2018年1月28日、筆者の人生初となる御岳に行ってまいりました。チャートを触るのも初で、クライミングシューズの選定にも迷いに迷いました。…

ページ上部へ戻る